ピアノを売却する上で最も気にかかるのは、
やはり、「どんな値段で売れるか」ということではないでしょうか。

そもそも、すごく高いお値段のものですし、
高いお値段のピアノなのでこそ、粗雑に扱っている方はあまりいないと思います。
少しでも高値が付けば嬉しいと思って当然ですよね。

けれど、ピアノを売却する場合は、会社によって値段が変わってくるそうです。
同じピアノなんなのでどこでも同じでしょと思うのは大間違い。
とある会社では値段がつかないと見積もりされたのに、
別の会社にダメもとであたってみると、それなりの値段で売れたなんてこともあるそうです。

なので、ピアノの買取業者は色んなところで見積もりをとって比較してみないと、
本当に割を食ってしまいます。
CMで見る会社、なんて理由で簡単に決めてしまってはいけませんよ!

高い値段で購入したピアノ、大切に使ってきたのに
買い取ってもらおうと査定してみたら、予想外に安い値段になってショック・・・
そんな話もしばしば耳にします。

残念なことに、ピアノの買取では、
高い値段で購入したものが高い値段で売却できるとは限らないんですよね。
誰かが買ってくれるものでなければ買い取ってもらえないわけで、
つまり需要と供給の問題になります。

年数を経たものでも、買い取ってもらおうと決めた時点で人気のあるものだったり、
実際に欲しいという人がいるものだったら、びっくりの高額になったりもします。

また、予想外に安い値段になるのは、
運搬などにお金がかかるからという側面もあると思います。
ピアノは重いものですから、単独では運べませんし、
傷をつけないように移動させる前には梱包も必要です。
値段がつかないものだと、処分するのに逆にお金がかかったりしますしね。

中古ピアノ処分