引越しの際にピアノを売却する方、多いようです。

引越しをしようとしても、
引越し業者ではピアノは移動させてくれないという会社も存在するですね。
そのときは、どうしても配送してもらいたいなら、別の運送会社にお願いしないといけなくなります。
動かしてくれたとしても、追加費用がかかって、それがとても高値なこともあります。

ピアノは家具よりすごく重いものだし、
楽器なので適当に扱うと音にも関わってくるので
梱包もしっかりしないといけないし、丁寧な扱いを要求されます。
なので、高値になるのはある意味仕方ないかも知れません。

ピアノ買取相場

仮にそのピアノをもう弾く気がないのなら、
敢えてお金を使って新しい家まで運ぶのももったいないとも言えます。

買い取ってもらう後になるほど見積価格もダウンすることだし、引越しの際に売るのは妥当とも言えます。

買い取られたピアノはどうなるのでしょう。
ピアノは高価なものですし、売ろうと思ってもこだわりがあることが多数ですよね。
なので、丁寧に利用して欲しいと思うし、どこに行くかも気になります。

買い取られたピアノは全国で再販されるか、海外へ輸出されるようです。
海外へ輸出される場合、比べると小さいアップライトピアノはアジアへ輸出され、
グランドピアノはヨーロッパやロシアへ輸出されるのが多数だそうです。

日本のピアノは品質が高くて、湿気に強く故障も多くなくて長く使えるので、
多くの国で需要があります。

売られる前には、きちんとメンテナンスもされます。
汚れやサビを落とし、傷を目立たなくするだけでなく、
中の部品もチェックして、働きが悪いは交換されます。
新品のような状態に戻るんですよ。